住宅ローン 金利の低い銀行

住宅ローンは金利の低い銀行を選ぶコツ

金利計算

 

住宅ローンは金利の低い銀行を選ぶようにすると、家計がぐっと楽になります。

 

そこで、住宅ローンの金利が低い銀行を選ぶようにするには、大手の銀行を選ぶよりは地方銀行に目を向けたり、ネット銀行に目を向けてみましょう。

 

住宅ローンを組んだときはとりあえず信用度と知名度を優先して選んでしまうこともあるでしょう。

 

ですが大手は信用度はあっても金利が高いことも多く、高額のローンを組むのであればふさわしくないこともあります。

 

 

地方銀行やネット銀行はメインバンクとして使用する機会も少ないことが多いことから、利用を見送る人もいます。

 

しかし、住宅ローンの返済額をを少なくしたいのであればチェックしてみることも大事です。

 

返済シュミレーションも簡単にできるので、公式サイトにアクセスしてみるといいです。

 

インターネットを使えば口座開設も簡単なので、一度検討してみてもいいでしょう。

 

 

ですが、借り換えをするのであれば手数料が多くかかってしまうこともあるので注意が必要です。

 

手数料や借り換えにかかる経費なども考えた後で借り換えを実行するようにしましょう。

 

総合的にどれだけ得になるのかも考えてみることも必要です。

 

また、今の時点ではとてもお得でも、今後どうなるのかはわからないので、先を見通す力というのもとても大事です。

 

ある程度上がっても総合的に見ればお得だと感じることができれば良いでしょう。

 

借り換えなどは何回も繰り返し行うことはできませんし、行ってばかりいると結局は最終的に損をしてしまうこともあるので、気を付けて行うといいでしょう。

 

 

住宅ローンの金利の動向について

住宅街の画像

 

最近の日本は低金利になっていますけど、それでも大きなお金を借りるときは負担になりやすいです。

 

大きなお金を借りる場合といえば住宅ローンがありますが、この利息の負担にはある程度傾向が存在します。

 

今の日本は金利が低くなることが良くあり、そういう方向に変化しやすいです。

 

金利の動向は長期的にははっきりしないところもありますけど、今のところは安くなる方向性が強いです。

 

 

またこの頃は低利で利用できる住宅ローンのプランが増えており、そういうものを利用するのも効果的です。

 

利息の問題は状況によって変化しますけど、そういう変化を受けない形でローンを利用するのも手です。

 

今は長期間利息が変化しないタイプのローンが存在していて、そういうローンならば後で変動があっても対応できます。

 

ローンの利息は安くなる可能性が高いですが、十年後二十年後となると予測は難しくなります。

 

 

そのためそういう時期の返済についても考えるならば、今のように利息の低い時期を利用するのが効果的です。

 

利息の低い時期に契約をしてしまえば、そういう時期の利息を基準にローンの返済をする事が可能になります。

 

そうなれば後で色々な変化が起きたとしても、安心してお金を返すことができます。

 

住宅ローンを利用した時の利息の問題は複雑ですが、今は安い負担で利用ができる状況にあります。

 

更にしばらくはこの傾向が続く可能性が高いので、住宅ローンを利用するならば利息の安いうちに行ったほうがメリットを得やすいです。

 

 

住宅ローンの申し込み前に返済シュミレーションを

マンションの画像

 

住宅ローンを金融機関やローン会社に申し込むにあたっては、そもそも将来的に返済できるだけの能力があるのかどうかを知っておくことがたいせつとなります。

 

このような返済能力についての情報に無知であると、せっかく店頭で住宅ローンの申し込みをしたとしても、仮審査や本審査といった審査の段階で断られてしまうことがあります。

 

また、運良く審査にパスして利用可能になったとしても、返済が過大になって、あとあとの生活資金に困窮してしまうことにもなりかねません。

 

 

そこで、金融機関などでは住宅ローンの返済シュミレーションを提供していますので、ローンプラザなどで相談の上で、こうしたしくみを試してみるのもよいといえます。

 

金融機関によって異なりますが、最近ではウェブサイト上でこうした返済シュミレーションのソフトを公開しているところもありますので、インターネットで確認をするという手もあります。

 

 

具体的には、住宅ローンとして借り入れをしようとする金額、借り入れをしたい期間、金利、元利均等や元金均等といった返済の方法などをインプットして、月々の返済金額を求めます。

 

これを想定される年収と比較した上で、年収のなかのどの程度の比率を返済金額が占めているのかを計算して、無理のない借り入れになっているかどうかをチェックするわけです。

 

 

もちろんこうした返済シュミレーションの限界として、期間中を通じて金利が変わらないものとして計算することがあげられます。

 

将来的な金利動向によっては、実際の返済額と大幅に合わなくなってしまうというおそれがありますので、結果が出てもある程度は余裕をみておいたほうがよいといえます。