長期金利と住宅ローン

長期金利と住宅ローンについて

一般的に長期金利とは償還期間が1年以上のものを指しますが、日本では10年もの新規発行の日本国債金利を指標としています。

 

住宅ローンに関しても固定金利型ものはこの指標を元にして算出しています。

 

 

現在のように長期金利が低いとは一般的には国債への信認が高く、購入している人が多い状況です。

 

ただし、今回の状況は日本銀行が大量購入しており、マイナス金利を導入したためさらに下がっているだけです。

 

そのため日本国債に人気があり金利が下がっているとは言いにくい状況です。

 

その政策に伴い今後も長期住宅ローンの金利にさらなる下落余地はあります。

 

 

しかし、経済学では長期金利は短期金利と違い市場によって決まることが鉄則です。

 

そのため、もし何か不安要因があると政府によるコントロールが難しくなります。

 

また、日本銀行は長期債権も大量に購入しているため、今後経済が好転して、債権が売られる曲面では巨額な損出が発生するため、そのことを危惧している人もいます。

 

 

住宅ローンも現在のように長期金利が低い場合には、変動金利でも構いませんが、長期固定金利は経済情勢によって急激に変動することがあります。

 

そのため、経済状況を見ながら不穏な予兆があればすぐに固定金利に変更する準備は必要です。

 

仮にインフレが進んだりバブルのような状況になると収入が増える見込みがある方は問題ありませんが、それ以外の方は変動金利では金利を払うだけで元本がなかなか減らないという最悪の状況になることも考えられます。