住宅ローン 固定金利

住宅ローンの固定金利について

住宅ローンの返済試算をパソコンでする

 

住宅ローンの固定金利について説明します。

 

まずメリットですが、ローン返済中にたとえ金利が上昇しても返済額は常に一定に保たれるということです。

 

このため、今後の返済プランが立てやすく、余ったお金を他の用途に回していくことが可能となります。

 

一方デメリットは金利が低いうちにローンを組む場合はそんなに影響はありまえん。

 

相対的に金利が高い時に固定金利でローンを組んでしまうと、その後に金融情勢によっていくら金利が引き下がっても高い金利を払ってローンを返済していく必要があります。

 

ではこのような金利のタイプのローンにはどのようなものがあるでしょうか。

 

まず代表的なものにフラット35があります。

 

 

フラット35について

 

その名の通り35年間金利が一定の住宅ローンです。

 

このローンは、住宅金融公庫からの融資が廃止されるタイミングで公庫と民間の金融機関が提携することによって生まれました。

 

フラット35は、同じ固定金利のプランでも金利が低い傾向にあります。

 

しかしその分審査は通りにくくなっています。

 

フラット35以外のローンでも特定の期間だけ金利が固定のローンがあります。

 

 

銀行の住宅ローン

特に不動産業者が銀行と手を組んで開発したローンにおいては、返済開始時になるべく金利を低くして購入のし易さをアピールする場合があります。

 

このようなタイプのローンは金利が固定の期間を過ぎると高い金利を設定することがよくあります。

 

そのため、返済プランが非常に立てにくくなるので注意が必要です。